2011年02月28日

コンクエ初大会参加

まりもさん主催コンクエ大会に参加しました。



久々の大会に参加したのでわくわくしてたよ。45分頃から受付開始して7名集まった。後にリザーバーが1人増えて、観戦者も2人増えました。




1回戦 


制限はコスト1かコスト3を選択。そのコストと0,2しか使えない。



「魔破棄とバリケード」

お題1


雷速で敵陣に入りバリケードを使い、周りを挑発系カードで排除しミスリルゴーレムまたはストーンゴーレムで召喚する。これでバリケードのデメリットもなくなりあとは制圧体制に入る。



実戦ではピリカやレディフェンサーで挑発系を使ってしまい、雷速で倒せる敵も出ず延長戦。まず勝てるはずがない。チャンスを作らせなかった戦略に参りました。




2回戦 


今回の制限は国別の英雄を使用する。他の国の英雄が使えないのでマーサ・メリッサ・ガリィが使えない分、どう工夫するかが肝となる。私所属のニンテルドはマーサが使えるのでなにぶん楽。


「ニンテルドコンビネーション」

お題2


対戦相手はスロヴィア出身なので槍斧デッキもしくはコンビネーションを使っていたと思われる。マルクスを挑発して倒されてしまったが、中立にいるサーロイドで配置転換し2マス移動しコンビネーションを使いリーチとなる。防ぐ手がなかったのか投了で勝利。



延長前になるとクリスタルやミョムトが布陣してくるため制圧を重視しないと負けていただろう。



3回戦 


制限は1つの兵種のみ。単純だが別兵種が使えないため、兵種の性質が大きく出る。単デッキは作ることは容易だが、メタカードを持ったデッキに当たると身動きがとれなくなる。各デッキ対策をいかに取っているかが重要。


「最強は俺だ(笑)」

お題3



対戦相手は斧デッキを選択、速攻で作ったあたり無兵種を期待したがそんなことはなかった。延長前提としたプレイングだったらしく先攻になったときに敗北感を感じていたらしい。そのためかアシモフを前線に出した。そこでアサシン+パリィ・挑発で倒す。挑発系がない分、常備強化できる英雄を倒せたのは大きなポイントだろう。



延長戦でミョムトが動ける状態だったのか投了し勝利。


延長前にミョムトとキチョウを布陣できたこと、レディフェンサーが2枚とも引いたことが勝利を確実にできる大きな要因になったともいえる。剣デッキはこの4枚が引けて強さを発揮するため、作るなら必須といえる。



エキシビジョン(デッキ構築のみ)、制限は二兵種まででを5体以上入れること。普通のデッキならば3混合もしくは無兵種を含めるものの今回は不可。混合専用の戦術がある斧槍は使えないため、サキラとサジレウスは使えない。




「魔槍少助」


お題4



槍で前線に進み、相手に戦術を使わせて後方で召喚の準備を行う。11ターンくらいで本性を現してクリスタルやバルハムートを布陣して延長で身動き取れなくして勝利する戦法。中立にいけなかったら勝てないそんなデッキ。



2勝1敗は制限デッキならいつも考えて行っているためそこまで構築に時間もかからず戦術の見直しを考える時間もありました。ただこういう大会は特殊なので勝敗を気にするものではない。




普通1つのデッキに10〜20戦やって次のデッキをやるのが基本。そのデッキが制限なしの大会で通用するなら強いといえる。今回はデッキ作成の速さと柔軟な構築ができることこの2つの能力が問われる大会である。



俺はこういう大会に向いているだけのこと。なぜなら異常なまでにデッキを多く作っているから。過去のブログをみても短期で紹介している数は多いが対戦数は10戦でやめている。ブログやる前は英雄1人デッキでプレイしていることもあった。



好き好んでデッキを作っているので真似はしないように。バトルスコアが下がるだけです。



※最初に記事書いたときは勢いで書いてしまい、ブログに書くことを確認せずにプレイヤー名書いてしまいました。ごめんなさい。対戦者3名の方々ご迷惑をおかけしました。名前はすべて相手に代わっています。



余計な説明も削除しています。基本は自身の勝敗状況と使用したデッキだけにしました。



大会主催者まりもさん、対戦者・参加者の皆さんお疲れ様でした。
posted by エオバルシ(dateme) at 01:25| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。