2014年04月02日

リミレギ20140401

今回は気づくのが早かったので要点も加えて紹介。



禁止カード

・ゼンマイハンター
・血の代償


制限カード

・焔征竜ブラスター
・厳征竜レドリック
・発条空母ゼンマイティ
・瀑征竜タイダル
・嵐征竜テンペスト


準制限カード

・ダークアームドドラゴン
・七星の宝刀


制限解除

・ダークダイブボンバー
・魔界発現行きデスガイド
・激流葬



ゼンマイハンターは表側表示であるときに1度だけ相手の手札をランダムに1枚墓地に送る。血の代償やエクシーズ召喚等を組み合わせることで1ターンに何回でも発動可能。これを考慮して禁止カードになった。


ゼンマイティもその組み合わせの要素であったがゼンマイハンターと入れ替わる形で制限復帰。ゼンマイ戦略が破綻しなくなったのでどうなるのか楽しみである。


血の代償は元々禁止カードにいつなってもおかしくないカードであった。今回エクシーズシリーズの区切りとともに新たなベンデュラム召喚の誕生で規制したと思われる。


D・D・D(ダークダイブボンバー)はエラッタにより制限解除。使える条件が狭くなり、召喚したターンでも相手のターン中でも使えないので猛威を振るわないだろうと思われる。上位カードをメインフェイズに出せたらいけるからまた制限行きになるだろう。


征竜は2枚あっても脅威なので制限入りになった。まあだいたい予想通りかな。GOLDシリーズで容易に手に入るからそれも相まってという感じ。征竜の数が減ったので七星の宝刀の採用がされにくいと思われるので制限解除になった。


新たな環境を考慮して激流葬とダムドが制限緩和。DDDと相性が良いダムドがどれだけ採用されるか注目される。デスガイドが緩和されたのでサーチが強化できるので悪魔族が増えるかもしれない。

posted by エオバルシ(dateme) at 13:44| Comment(0) | 遊戯王カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。