2015年07月13日

え、マジ?

任天堂の岩田社長が亡くなりました。55歳。




・・・





・・・




!?




若すぎでしょ。




WIIから始まるゲーム機革命を起こし続けた彼の功績は大きいだろう。PS4の配信許可のあるゲーム機がくるまでその活発な宣伝には驚かされた。社長としては働きすぎだとは思った。


ニンテルドでいうなら王国崩壊レベル。王様は健在だが作り上げられた形はなくなる。新ハードどうするんだろう。64時代の広告程度になるのかな。ソフトメインの宣伝。岩田社長は定期プレゼン。


アミーバを消極的になるのかどうか気になるな。広告あってこそのアミーバだし昔こういった抱き合わせはやってないから。



10年以上社長でやってる人はかなり稀、ワンマン経営になると会社がダメになるし赤字で経営傾くこともある。それを中長期においては問題ないという演説もあったしものもいいようだが普通はそのあたりで退任になる。でも任天堂はそれをしなかった。


今の雰囲気で任天堂は持たない、同じことできる人はまずいない。亡くなってなおすごかった人として語り継がれるだろうな。
posted by エオバルシ(dateme) at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。