2018年04月30日

デビューせずに引退・・・

ゲームとはまったく関係ありません。



ツイッターでも一切コメントしていません。



影ながら応援してもし出走すれば馬券買いにいったし新馬でも500万以下でもレースを見たと思います。午前中にも行われるのでウインズまでいって観戦しようと思っていた。


出走すればツイッターでつぶやいたと思う。



オーバーザリミッツの引退か。1戦くらいはみたかったよな。レースに向けた調教せずに夢の一戦はほしかったな。骨折して仔が作れないほうがつらいけどみんなで選んだ馬だから輝いている姿が見たかった。


セリで落札されるときもみていたし名前の募集と投票にも参加した。競走馬認定のためのテストもみていて速い馬であるのは間違いなかった。


でもあまりにも療養期間が長いから危ない感じはした。運営側の記事でシーザリオという馬が書かれていました。実際同じケガを発症し有馬記念で有終の美を飾ることができずに引退という例があるように競走馬としては致命傷。オリンピック選手でいえば剥離骨折。言葉が通じるなら年単位治療して復帰もできるが馬ではそれができない。骨折するなら引退のほうがいい。


チョコボスタリオンでは骨折したら調教・レースができないから即引退になるからね。



瀬瀬代表は自転車操業前提じゃないとこの企画回らないのに今後どうするつもりなのか。予算が三年分なら一年放置するのも可能だけど運営側にしかわからない。競争馬がレースに勝ってようやくすすむものだから。イベントで注目集めないとオリミツくんの落札額を回収できる気がしない。


予後不良と判断されていないだけでも良かったと思う。
posted by エオバルシ(dateme) at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。