2011年06月08日

騎デッキスタイル

新カードも増えたことだしちょっと前に使っていた俺ガチデッキでも紹介。



「ガチ突貫」




ガチ突貫



あまり見ない型のデッキかと思われます。露骨なドロー重視。コストパフォーマンスの低さから採用率の低い尖兵、戦術がないとナイトと同じゼリグ、使っているところを見ないサイドチェンジ。その甲斐あってこちらの狙いに気づきにくいというやっかいな構成。



オパール1人でもいたら負け確定としか思えない構成。でも突貫が3回できるため、揃えば勝利確定。DEFや戦闘力が高くても中盤くらいまで縦に1,2体が限度。その後ろに反撃用の戦闘力が低いユニットがいることが多いので突貫がやりやすいね。



中立をとられるとドローできなくなるため、ユニットが少ないこのデッキにはきつい。先手であればいいが、後手なら強引でも取らないとつらい。



主力はレディフェンサー・ブラックガード・パイクマン。英雄はアイア・ヤヤ・フォスタ。彼らで制圧を狙う。ATC強化で敵陣まで進軍できればあとは突貫制圧でいける。ゼリグについては後で説明。



突貫制圧を狙いたいので、アクス・ディバインとアカギ、突貫突撃の3つはむやみには使えない。むしろ手札温存が基本となる。スクラムやコンビネーションはやばそうなら使っても問題ない。ATC強化は7つと豊富にあるから。



挑発やマーサなどでユニットがやられるのは仕方ないが後ろに反撃ユニットがいる列に攻撃をすると戦力が削られてしまい、延長でスカスカのまま入ってしまう可能性がある。そこで狼煙を使って倒されないようにしよう。本来は突貫3回のためのものだがロマンだけでは勝てないのでガチでやりましょう。




このデッキは剣重視のデッキではないのにゼリグが出ているか。戦術が多いから。でも多いだけなら入れなくても場合が多い。しかしながらゼリグを見ればあきらかに突貫狙いで進んでくると警戒されてそっちにばかり気を取られる。その横でブラックガードやレディフェンサーなどで進軍すれば突貫の準備ができる。ゼリグは囮である。





突貫デッキなら即火力強化できるネル・マノスや破棄コストのあるピリカやクリスタルを入れるのもありだが、それでは英雄枠で悩まされるのでいっそ使わないほうがいい。相手にとってはあるだろうという想定で動いてくるのでいい意味で動きに制限が生まれるのでやりやすくはなる。



1度対戦したらもう使えないがな。




ちなみに戦績は8勝7敗。普通ですね。俺のスキルとしては上出来という感じ。5割前後になればそれでよし。




ついでにもう1つ。こっちは対戦回数が少ないため参考にはならない。




「ガチスペ」



ガチスペ



戦績は1勝3敗。もう少しやればこれじゃ勝てないなという感じになって作り直すこともあったが途中からやってなかったから。




騎兵で突貫制圧。それ以外に要素がない。前に紹介した包囲系デッキと違い前にしか進む気しかない。あまりにもろすぎる上に中立も守れないのでスペルランサーがきても何もできない。頼みのドローができないなら勝ても気もしない。




こんな感じのデッキでやっていました。もちろん両方勝ったら次からトランプデッキで対戦するつもりだったがそれできたのが1人だけ。もっと対戦しろよなぁと毎回思う。1か月100戦はちときついぜ。




新カードで環境が変わって斧槍がほとんどになってしまった。食料増やしとドローするユニットを盾にして英雄・延長待ち。何にも変わってなかったな。コスト4を出せば勝てるそんなかんじ。


続きを読む
posted by エオバルシ(dateme) at 11:21| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

有料と無料の格差

ドレッドノート出ましたね。今回で本格的に有料版の優遇レベルが格段に上がったと思われる。




カードゲームならパックで集めればその分差が出るが、有料の有無でここまで大きく影響が出るのは今回からでしょう。一般兵新カードすら戦術で落とさないとやばい強さ。その代わりほぼ専用デッキになるので対策されたら勝てなくなるということもあるが万能デッキは今のところはない。




新カードと一緒に入れるとやっかいなカードを紹介。



・ユートピアの剣士:元ネタはほぼそのまま。ピシエ出身なのでそうだろうな。VCやゲームアーカイブスにもあるので紹介情報みればすぐわかる。ゲーム的にゼリグに近いので能力もそんな感じにしたのかな。

このユニットと相性がいいのが新カード強奪の剣やキャプチャー、ディバイン系。いつでも使える戦術であればなんでもいい。でも戦術がなければ魔法剣士と何も変わらない。縦に2体並べられたら追撃されてやられるだけという弱さ。



ユニットを少なくして戦術に回すデッキ前提なのでやられてしまうとかなりやばい。戦闘力でもDEFでもいいから強化しないと持たない。延長では話にならないので速攻制圧。




・ウェポンマイスター&スカベンジャー:両方とも元ネタはわからないがアクションゲームでしょうね、ギャラリーの説明の感じなら。これらのユニットはバクドウやピリカがいいでしょう。



バクドウで2マス進めるようにして敵陣まで進み、ピリカの布陣用に回せばいい。場にいる味方ユニット全員なので強化したいユニットを先に出せば付与した状態で戦える。覚醒や狼煙をすると効果がなくなるので注意。



斧槍デッキなら双方の弱点を相互に補える。低コストにしてアシモフやイツナを出して強化してもらうのも面白い。延長でも強化可能なのでスクラムで移動確定になったらとてもおいしいです。突貫や強行軍で付与する回数が増えるかは試してないです。



・グレネーダー:無印からのカード。場にいるとき1度しか使えないので狼煙かもしくは破棄コストにする。戦闘力1ばっかりのデッキだと近寄りもしなくなるので怖いといえば怖い。でも剣デッキだと使い物にならないのでクリスタルやメリッサなどのコストに使うのも手。



こんなにかわいい女の子を戦場に出せるわけがない。



・サージェント:このカードも無印にありました。中立でハイジャンプを使い敵陣に移動して下馬すれば直接倒すしか手段がなくなるので布陣ロックとして使える。延長前にやられると出したいユニットが出させずに延長にできる。


でも下馬した能力がコスト2でロング剣と同じじゃあねぇ・・・。ソードブロッキングを入れたとしても剣騎デッキの相性はよくない。無印ではいい感じだったが現環境ではうまく機能しないでしょう。



・装具術士:前にもあったが能力変わってるな。新カードシィ・ダーマと相性がいい。むしろこいつらセットだろうと言いたい。全兵種を入れるとなると大変だが、人海戦術を使えばなんとかなる。コスト0を各1体ずつにして食料増加やドローができるユニットを入れる。



術士やダーマを延長前に出せばほぼフル能力で戦える。6くらいなら倒しきれないでしょう。予備にラムセスをいれてもいいかな。



・ハジャ・モルガ:元ネタはモンハンでいいのかな。無印ではアイルーみたいな感じのキャラだったのが大猿になった。この英雄は単騎で進むほうなので序盤から出してユニットを叩きのめす感じ。サーロイドの強化版といえる。




・スーパーマルクス:キノコを食べて強靭となったマルクス。ナビの効果は布陣調整よりも自身の強化でしょうね。ゾウ相手では勝てないので何らかの強化が必須。能力強化できる一般兵に能力の高い英雄を混ぜて使うといった感じ。ユゥを使ってもいい。




・ダン:アルゴェ・・・。元は巨像です。今回の追加で最も危険と思われる英雄。攻撃しても強い、耐えることにも強い。延長前にユゥで中立に来たら挫折しますね。勝てる気がしない。弓以外で勝てる要素なし。




・シィ・ダーマ:元ネタは周りのガラクタを取り込んで遊ぶゲームだったはずなのだがタイトルを忘れた。あの発想はよかったけど買わなかったんだよな。当時PS持ってなくて買う機会がなかったから。



装具術士と変わらないが、兵種があれば強いのでサジレウスや覚醒ロクマ、賊ディゴルグとも相性がいい。どんな兵種のスクラムや強化でも適用されるので総攻撃を受けなければほぼ最強。



他の兵種がいなければネル以下の能力ということになる。兵種の持たない英雄はあまり入れたくない。ダーマをサブとして考えるなら気にする必要はない。



・強奪の剣:ユートピアやゼリグに使うのが普通だが、ソード・ディバインをつければ誰でもいい。挑発やメリッサ等で倒してさらに食料を増やしたいね。



・陽動作戦:中立制圧すれば1体前進できる。スペルランサーや栄光、D・フォークで1列にすると恩恵のあるカードを入れてもいい。中立布陣ができる5体とユゥは入れるのは前提。前進してから突貫制圧というのが理想かな。



隠しカードがあると思われたが公式ブログで出した情報がすべてだったようです。新カード同士のシナジーが多いのが気になる。今まで追加カードは突出して強いものがなかったが今回でデッキ構築そのものが変わってしまった。


「食料が増えればそれでいい」



コスト4使用することを前提とした追加カードであったことは間違いない。無料の範囲で彼らを倒す術が少ないのも事実。後手になったら負けないなという感じならないか心配ではある。
posted by エオバルシ(dateme) at 13:39| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

久々の動画投稿

第2回SC大会に出たわけですが全敗というあほらしい結果でしたが、ガチデッキで高笑いするよりノーセンスデッキでほろ苦い負けをして次頑張るのほうがやりやすい。



1回戦



2回戦




3回戦




4回戦・・・




・・・




徳井さん、すみません動画再生できない。色々試したが動画の保存がうまくいってなかった模様。騎兵デッキのコンセプト違いだっただけに紹介できないのが残念です。



代わりにブログ紹介。



徳井の快適!バトルライン



大きくわけて2つ。



・バトルラインのネタデッキ。数は少ないもののデッキ作りにこだわっているようでコンセプト重視のようです。



・ゲームを快適にする方法も載っている。楽に動かしたり、オンライン対戦に必要なこと等バトルラインをやるうえで必要になるであろう情報を書いてあるため、一度見ておくといいと思います。





ということで大会の残業終了。



ちなみに俺投稿のバトルラインの動画をマイリストにまとめた。これでいつ投稿してもわかるようになるな。部屋立てに「動画録画」と出しても問題なくなったな。




動画作りのセンスのなさは今でもよくわかっている。いい加減金払って動画作れと。もしくはエフェクトを自作で作れと。そんな暇があれば対戦しているよな。




暇なら次の大会に出たいな。ただまた休みが変則になったので動きにくくなった。対戦の再開は明日あたりで2,3日間だけ。ADVゲームを速攻終わらせて、ゆったりとなっているが次はシュミゲー買うので2週間は姿を見せなくなるだろう。



6月のアップデートには追加要素を終わらせてからになります。デッキの変更はないです。でもガチデッキに関しては新カードを盛り込んでいこうかな。コスト4・・・いったい何者なんだ。
posted by エオバルシ(dateme) at 12:50| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする