2011年05月08日

第2回SC大会への参加

今週対戦してないのでプレイングに不安があるまま、むかえたケーアイ主催SC大会。




始まる前に動作チェックを行っていたのでその間パズル問題解いてた。蛮族だけ積んでいる。何か足りないのだが何が見えてない!




こっちはどうでもいいや。使用したデッキ。


「怒涛の馬部隊」


怒涛の馬部隊



ニンテルドとソルディアを選んだ。騎兵重視ならこれしかない。斧合わせの突貫デッキというのもあったがやっぱり騎兵だよね。戦法としては早いうちに敵陣に3体送ってあとは怒涛の進撃で一気に畳み掛けるつもりで作ったデッキ。



初戦は明日宿さん。魔デッキということもあり攻めても横移動から総攻撃を受けるため、何度もせめて消費仕切ってしまおうと思ったがこっちのユニットが来ない。早いうちにフォスタに突貫を使ったのはどう考えてもよくなかった。手札回りはよかったがバルハムートを落とせなかったのが敗因。



2回戦はアルトリアさん。低コストを一気に出して相手を中立にいかせないデッキ。戦術が少ないのかあまり出てこなかった。それでも突破するためのカードが揃わず何がしたいのかわからないまま敗北。



3回戦は譜風さん。栄光発動を目的としたデッキ。きれいに揃うと思ってなかった。一体は落とせたがあと固すぎて騎兵ではどうしようもない。延長で敗北。



4回戦は徳井さん。選んだ国が一緒で騎兵同士。大会の趣旨に合わせたということから偶然同じになったのでしょう。スタイルは違うようでバルハムートで延長でのポイントを増やすことも考えていたようです。まあ偽報あったのに倒しきれないとかどうすんだよ。



結果はいうまでもない。そもそも騎兵以外の強化を考えていない時点で無理がある。入れて損のないマーサもない、それでは勝てるわけがない。テストをせずに大会に挑もう等無謀だったのだ。



動画をとったので早めに上げようと思いますが、動画上げ用のアカウントを変更しているので過去の動画含めてマイリストを作っておくよ。




ケーアイさん、そして参加者の皆さんお疲れ様でした。
posted by エオバルシ(dateme) at 01:04| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

3か月データ公開後半

グラフが多いのでサクっといきます。



「対戦編」



「下剋上」

下剋上の度合い2月


下剋上の度合い3月


下剋上の度合い4月



この3つを1つにまとめようとしたが棒グラフの中に内訳のグラフができるかなと思ったが無理だった。この解説も後ほど。ランキングで下がったか上がったかくらいです。それを余計に細かくしただけ。



「継続日数」


継続日数



名前の通り同じ上位ランクを何日継続できたか。20日以上が減っているがほとんどが28日継続なので減るのは当然。メリッサにしたときに胸が強調されて「おお、いいなこれ」と思ってそのままにした。なんかエロい。




「古参と新規プレイヤー」


対戦の新旧



どのランキングでも古参と新規を入れていますが対戦するうえで最も重要といえる。経験差を補えるのは天性の実力もちくらい。手加減する必要はないが予想しにくい戦術を見せるのはとてもいい経験になると思う。ミョムトにしたのは強さそれだけ。そこに痺れる、憧れる〜。



「防衛率」


防衛率



同ランクに変化せずに維持し続けることができたかの指標。解説も後にありますが、ディフェンディングチャンピオン組だと思えばいい。負けることを知らないではなく恐れているから負けられない。






次に説明を省略した項目の解説。


解説


上記の表で大体わかると思います。


@上がる B(15〜30位まで)になったとき1ポイント、A(1〜14位まで)になったとき2ポイント。

A下がる A→Bに下がった時、1ポイント。


B落ちる B→なしに下がった時、1ポイント。


※集計は単純に合計を円グラフにしているだけ。



C維持 同ランクに何日継続してランクインしたか。1日だけや上下場合ノーカウント。


D防衛率=ランクインしたひとの維持した数の合計/計測した期間*ランクインした人数
(30人なら100%、それ以上だと100%未満になる。)
この数値が高いほどランキングに変化がなかったことになる。


※計測期間中にどの日から入っても28日で計算されています。予備に初めてランクインした日をとっているが細かい計算になりますので今回は大雑把にしています。




E消滅 上記と落ちると同じもの。ランキングからいなくなる。


F復活 上記の上がると同じもの。ただし、ランク無視して1ポイント。


G復活率=ランクインした人の復活数の合計/ランクインした人の消滅数の合計
(防衛率と同様に31以上だと100%未満になる。)



この集計に疑問があればツイッターで返信していただければわかる範囲で答えます。
posted by エオバルシ(dateme) at 06:28| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3か月データ公開前半

ランキングに全くでなくなった僕ですがデータ整理していたらほかのことまったくできなかった。気晴らしにpspやっていたりしていたがぬる作業でストレス発散していた。対戦してたら負けまくってストレス溜まってしまうからやめてました。




チャレンジも高得点出そうとして降参ばかりしてしまうのでやってない。休みなのに頭はパンクされっぱなしだった。事務処理って文字みて確認するだけなのにすごくきついのがよくわかった。目が・・・目がぁ!!




ということで作ったグラフを紹介。ファンサイトキットがダウンロードできるようになったのでグラフの背景に使用してます。


「チャレンジ編」


「古参と新規プレイヤー」


チャレンジ新旧



目に悪そうな背景ですが全部食料アイコンです。古参が増えている感じ。



「ハイスコア」



チャレンジハイスコア



冒険者もしくは挑戦者として彼を起用。準備は万全だけどあなたの体力は規格外です。徐々に更新していることがわかる。毎週ハイスコアが固定される時期があるのでそのままスライドさせていることが多い。






「ニンテルド編」



「僕がなっていそうな職業」


ランキングに復活



職業の内容というより貢献度の大きさとしての職業。武士がいなくては国を守れない。農民がいなければ人が集まらない。このゲーム的にいえばこんな感じ。




「古参と新規プレイヤー」



新旧プレイヤー



ニンテルドだからピリカ。左側が見づらいけど、最大値は140です。背景に合わせるために色を暗めにしたが無理があったかな。新規プレイヤーががくっと下がっていますね。この時期あたりでブームすぎたのかな。



「復活率」


復活率


表現としては違和感あるがほかに思い浮かばなかった。サーロイドは背景としては使いやすいな。黒に近い色は他色を混ぜやすい。この数値の解説は次の記事にて。名前見たことある人が久々にきたな→今日もいるのかっていう感じでわかればいい。



対戦関連は後半で紹介。

posted by エオバルシ(dateme) at 04:27| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする