2010年03月08日

初心に帰ってみよう 番外編6

次の大会に向け新デッキを作成中。



試合運びって使うの大変なんだよね。読まれやすいし、効果薄い。先読みで動きにくくできればいいよね。ゴールデン斧兵は後だしじゃ破壊力落ちるし、新ファーエどう扱うか悩む。バトエボのマイナーカードの長所をどこまで引き出せるデッキができるか模索中。



アカギ道場にすこし変えたら改良できたがアカギの強さをもっと引き出さないとな。



本題に入ります。


「ツヴァダスト」

ツヴァダスト



いろんな兵種が集まったデッキになっています。どんな兵士がくるか最後までわからないままとなる。ツヴァルフがきてすべてわかる感じなデッキです。


剣は進むのみ、斧はドロー係、槍って英雄と同じじゃん。弓は状況に合わせて使い、矢ぶすまで翻弄、騎兵でかき回して、魔兵は補助と進軍。
こんな役目でいけばツヴァルフもすこしは役に立つでしょう。



・ツヴァルフはコスト3と重めだが、耐久度は高いので多少前進しても問題ない。入れ替えの能力を持っているので移動できないカルヴァリンや移動できる効果が少ない騎兵等に使うと猛威を振るうことができます。来ないと思うところに移動させ予想を狂わすことができるでしょう。


ちなみに成績は2勝3敗とあまりよくないが、似た効果を持つカードが増えましたし、強化デッキはいつかやりたいとおもいます。
posted by エオバルシ(dateme) at 23:24| Comment(0) | 初心に帰ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

初心に帰ってみよう 番外編5

今週の平日も今日で終わり、2日間の休みになります。


僕は卒業式までのんびりしているつもりです。なので何にも気にしてない。そのせいで曜日感覚が忘れそうなので「今日は金曜日だ」と意識するようにしています。




もう本題に入ろう。バトルラインの話題です。



このあたりから癖のある英雄が多くなるので解説を詳しくするかな。あんまり変化が見られないかも。




「アカギ道場」


アカギ道場



このデッキの成績は2勝3敗でした。アカギは後退できなかったり、エールランサーで戦闘力上げたのに戦術犠牲やコンビネで強化されあっさり倒されたり、プレイングミスで勝てる状況を崩してしまう等で3敗までいたった。




弱くないデッキだ。クレイモアや装甲槍は射撃で落とされにくい兵士を採用しているし、ATCの高い丸盾やエリートランサーの補強で旗槍も入れているからそう簡単には落ちないはずだ。




しかし延長ではパワー不足なのか押し負けたり判定負けが多かった。なぜだろう。何かよい方法があれば教えてください。




とりあえず英雄等解説。



・ルナは速攻という布陣したターンに移動ができる特殊な能力を持っています。もし敵が自陣に乗り込んできても攻撃力5なのでいつの間にか自陣にいる盾槍を確実にしとめることができます。あえて不利な状況であるという錯覚を起こさせて進ませるように仕組んで危険な兵士を倒してしまいましょう。

・アカギはコスト2の戦闘力5という高い能力を持っているが、自身で後ろに下がることができない。戦術などで下がることができるため、手札にきたら早めに布陣しよう。単騎ではパラディンは倒せないので一撃で補強して倒していきましょう。

・パクノスは食料を1つ増やすことができ、戦闘力4あるのでフィールドに長くいることが多い。狼煙で戻して食料をまた増やすこともできます。英雄にいれるのに困ったときに入れてみるのもいいでしょう。



------------------------
見ればわかるコンボ

帰還の狼煙+ネル
現地案内人+帰還の狼煙
ラムセス+アカギ
ルナ+会心の一撃

------------------------


3/8追:

ちょっと変えて対戦してみた。成績は3勝2敗でまあ良くなったからいいだろう。最近使われるデッキの弓兵の割合が減っているし、俊足のある兵士がよく使われるような環境を考慮したものとなった。


変更点:

盾槍a→レディフェンサー
盾槍b→カタール兵a
エリートランサー→カタール兵
一撃→遺跡


posted by エオバルシ(dateme) at 19:29| Comment(0) | 初心に帰ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

初心に帰ってみよう 番外編4

最近対戦しているとガチデッキは相変わらず、テジロフ・クリスタル・ミョムト・トーファイ・ゼリグがよく出るな。




まあこなかったときの保険のほうが重要になるね。パラディンやベルセルク、盾槍、クロスボウ、ラッパ等の代用兵士でどこまでうまく調整できるかが重要なんだよね。<作ったことないのに語っています





よし次は英雄紹介用デッキを語っていきます。


「突風なぞ効かん」


突風なぞ効かん



このデッキの成績が3勝2敗でした。もうすこし改良してもいいがいじるなら古参カードだけで構成しても勝率が上がるとも思えないのでこれで完成したことにします。(投げたわけじゃないぞ)



剣は弓に強いので多めにいれてビゼンナガミツで補強という感じ。ドローが弱く、食料が必要なのでアサシン・レイダコンボを採用。移動カードないと尖兵でドローしにくい。


・早風は戦術の代用ともいえるカードである。どんなカードでも動かせることができるのでラムセスよりも使い勝手がいいが、布陣した次のターンからなので即効性に欠ける。あまり見かけないが兵士を戦術と置き換えるのに抵抗があるのでしょう。


・マーサは射撃2を持ち、DEFやATCが3ある特殊な能力である。敵にされるとやっかいです。攻守に優れた能力を持ち、テストゥードの恩恵を得たら怪物と化します。弓じゃ倒せねー。

・マレットはコスト3、戦闘力3、ATC3、射撃3と最弱フォーカードじゃないですか。でも革命されたら最強だ。延長前だとコスト高なので緊急時まで温存し延長あたりで布陣し、敵の進攻を防ぐことになるでしょう。


・暗殺は英雄対象なので使い道が少ないが、気づかないところで奇襲を与えられるので、追い込まれているふりをして要の英雄を倒すことで脅威を減らすことができるでしょう。



直接戦わずに敵を削ることが目的であるため、押し続けられると持たなくなるので特攻をつぶせる準備が必要となる。
posted by エオバルシ(dateme) at 19:01| Comment(0) | 初心に帰ってみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする