2017年02月11日

ベルン三竜将(笑)

ファイアーエムブレムヒーローズが配信されて少し経ちますがツイッターでつぶやいていたけどこっちはまだでした。


星5は3枚。ロイ、ルキナ、ジョーカー。ルキナ以外は強いわけではないが、フォロー役として使っています。ルキナは魔防が低い(20未満はやばい)。回復役がガチャで1回も出ない不具合の中奮闘中。リズはSPステージでなんとか確保。各兵種を30レベルまで上げたので今は落ち着いた感じ。


本題。大英雄バトルで初回はベルン三竜将のナーシェン。封印の剣ではドラゴンマスターでルーンソード持ち、弓と風の特効を防ぐアイテムを所持(シリーズごとにアイテムの名前が違うので割愛)。頭はいいが戦闘力はゴミ。魔防高いキャラで封殺できます。本来なら21章に増援で出てくるゲイルが三竜将の候補だったが謀略によりナーシェンがなった。ゲイルに嫌われるのは仕方ない。


そんな彼がFEHでは斧持ちで登場。槍殺し持ちなのでそれなりに使えます。1人で無双はできない知将くらい。彼の登場するマップはこんなメンバーでクリアしました。

Screenshot_20170211-011806.png


シャロンを使わざるを得ないことになるとは思わなかった。リズはリバースないとチキが持たない。ジョーカーは対魔導士。


チキを盾にしてシャロンとジョーカーで防御力強化。剣殺しの騎馬魔導を耐えて残りのゴミを防いだあと、撤退しつつチキをリバースで回復。チキとジョーカーで残りを片付ける感じ。


ヘクトルやタクミ、弓殺しのセツナ、アーマーナイト等必要な盾がいなかったのでチキ強化のごり押ししかなかった。必須英雄がいないだけまだ難しいというわけでない。だが全員生存と光の加護禁止は難易度を上げています。


今回はオーブ使わなくてよかった感じ。いろいろ準備と備蓄しておかないと危ない。闘技場でクエストクリアしていく感じ。ナーシェンは強くしておくか。深淵の斧の有無で1体ずつ持っておいたほうがいい感じ。スキル着脱のときに調整できるから。
posted by エオバルシ(dateme) at 04:42| Comment(0) | FE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

幻影異聞録

年末に買いましたよ。FEのRPG(シュミレーションではない)。



年末必死にやって30時間でクリアしました。5日もかかるとは体が付いてこれてないなと実感した。



アトラスのペルソナのゲームシステムにFEのコマンド制限をつけた感じ。アイテムは戦闘中どれでも使えます。メガテンのスキルやFEの魔法・武器がネタ満載に入っています。



暗黒竜・覚醒のメンバーが多い(ネタばれになるのでキャラ名は控えます)



芸能界のネタなのでちょいちょい実在する人物や番組が元ネタであるものもあります。



このゲームはネタが多すぎてツッコミきれないくらいコアなものまであるので調べないとわからないレベル。



難易度はちょい高め、フレンドリーを使うかどうかでかなりやりやすさが変わります。使わなかったらサイドストーリーこなさないと重要なスキルが覚えないので苦戦します。



一番戦闘できつかったのはコンセントレート持ちの雑魚、倒しきれない上に2体とも使われたらどうにもならない。あとサムトーで1時間だらだら戦っていた、強いというより面倒。



ダンジョンで困ったのはモニター室、たぶんマップみないとここ積みゲーポイントだよな。ワイルドエネミー固定ポイントもあってやっかいだったな。


結構面白いゲームだよ。初心者用の救済措置(フレンドリー、推奨レベル)、各章自体の難易度の調整(物理・魔法・全体攻撃・メンバーチェンジによる敵の強さ)は初見殺しではなかった。ボスは積むほどきついわけではないしレベル上げればごり押しもできる。


ストーリー前半は家族の前ではやりにくい雰囲気だけど(芸能ネタだからしょうがない)、後半はFEらしい内容だったのでエンディング迎えたときこれFEだよと思った。戦争のないFEで流れがペルソナという感じ。



WiiUで万人受けしないのはFEのシリーズやっていればわかっていた。蒼炎の軌跡とか中古でものすごい高かったこともあったしコア向けなのは間違いない。



個人的な感想だけど最近で周回してもいいゲームなんてマイナーゲームじゃ珍しい。ロードの長さとか目の休憩とかに使えるしあのくらいなら誤差だよ誤差。


そういやFEifについていってなかった、暗夜クリア・白夜支援まったりで進行中。第3ルートあったなという感じ、正直ブログでいえるほど進んでいません。
posted by エオバルシ(dateme) at 15:32| Comment(0) | FE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

あのヒラヒラマントのシルエット

ようやく最後のパリスの配信となった。その正体は・・・。


パリスマップは増援なしで最高の敵の数50。敵の出現最大数でもある。カンスト節約リザイアでクリアできる。太陽か天空くらいでもなんとかなる。


魔力4しかない求道者、蒼炎の勇者の末裔であるパリスがボスであり、最後のシルエットキャラである。アイクの親父であるグレイル(仲間にならない)と同じく剣と斧が使える。特別なクラスでもなんでもない勇者である。


勇者とは到底思えない盾を装備してるのは言ってはいけない。


まさかの没ネームとはだいたいの人は最初からそう思ってた。後日談でもまた伏線張って消えるという始末。この一族はいったいなんなんだ。


残った配信はアイテムと120チーム。デュアルは魔軍まできたができる環境ないんだよ。街行ってもやれるわけもないしいまやってる友もいない。もう1セット買えばいいのか・・・。烈火はリンからスタート、やっぱり微妙なところから始まる僕の配信されるルート。


魔符の難易度5はいつくるのか。デュアルで来たらまじキチ難易度になれるがどう出るかな。


ルナ攻略と支援埋めやるか。


posted by エオバルシ(dateme) at 13:34| Comment(0) | FE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする